うつ病の種類や特徴

渋谷α鍼灸整骨院のロゴ
渋谷α鍼灸整骨院の電話番号

うつ病の種類や特徴

うつ病は現代病と言って良いほど社会問題になっています。そんなうつ病にも種類があります。正しく理解する事が治療の一歩になります。大うつ病、躁うつ、新型うつ病など特徴があります。病態の把握は周囲の理解になって本人を助けてくれます。

うつ病の種類や特徴

良く耳にするうつ病とは

うつ病でない方も聞いたことがあれば、なんとなく症状も理解されていると思います。
それだけ現代社会でうつ病の認知度が上がってきた事が分かります。
未だ原因は不明の病気ですが、いくつかの神経伝達物質が関わっていることまで分かっています。ただそれだけでは説明がつかない事もあるため解明には至っていません。

うつ病にも種類があります。

周囲は落ち込みが酷い、仕事ができなく出勤が難しい程度の理解だと思います。
うつ病の予備段階の方にも参考にして頂く簡単に書いてみます。

うつ病は大きく二つに分かれます

大うつ病

これが一般的に知られているうつ病で、気分の落ち込みや食欲不振、音楽や趣味が楽しめないといった状態が続きます。
精神面と身体面の症状が出続けると仕事や日常生活が困難な状態になり様々な支障がでてきます。
出勤できない、料理が作れない、外出が困難など精神と身体が思うように動かないため、無理矢理に動こうとしても通常の何倍も疲れを感じます。
自分は動かなければと思っても身体が言うことを聞かないといった表現が合っていると思います。

双極性障害(躁うつ)

これは躁うつと呼ばれていて、躁状態のハイテンションとうつ状態の落ち込みの両方が現れる病気です。
躁状態では何でもできる!調子が良い!などと気分の高揚がみられます。この鬱と躁が繰り返し現れるのがこの病気の特徴になります。
双極性障害はうつ病より少なく、全体の約0.2%です。

※非定型うつ病

新型うつと呼ばれてニュースなどになった事から徐々に認知されています。仕事最中だけうつ状態になって休みなどの休日は普通になることから誤解を招きやすいです。周囲からは不真面目、たださぼりたいだけ、責任感がないなどと思われがちです。
実際には本当に身体や精神が辛い状態で、嘘を言ってないが周囲が理解してくれないといった話を聞きます。

うつ病の症状

気分の落ち込みが続く
食欲不振
外出が困難
音楽や趣味に興味が持てない
全身の疲労感や倦怠感
劣等感など自己否定
うつ病は気分の落ち込みや欲求の低下が主な症状です。身体面では、身体が重い、疲れる、首や肩の痛みなどになります。
症状の支障は人によって違いますので、全てが当てはまるよりも複数に心当たりがあれば医療機関に行きましょう。
これらはほんの一例で、表現は人それぞれのため専門医で診断してもらうの一番正確になります。

うつ病は医療機関へ

うつ病は根が深いため進行してさらに重くなることも考えると医療機関に通う事が改善の一歩になります。こころの風邪と言いますが、薬を飲んで安静にしていれば完治するという簡単な病気ではないため専門医にかかり、適切な指示のもと治療を受ける事が一番です。
外出が難しい状態が分かりますので、症状が軽い周期に通い始めることが良いです。
うつ病は症状が重くなればなるほど日常生活に支障が出てしまいます。いち早く改善するためにもうつ病は医療機関にかかられることが大切です。

うつ病と鍼灸治療

鍼灸は遙か昔からうつ病を治療してきたという古書があります。現代だけではなく昔にもうつ症状はありました。
鍼灸治療は治る!効果がある!という裏付けがあったこそ支持されてきた伝統療法です。
自然から考える治療方法は身体を本来の機能に戻すことを大前提に行なうため、病院の治療を邪魔することなく身体を整える事ができます。
薬物療法の効果を邪魔するのではなく、身体が健康になるように治療するため時に補完する役割にもなると考えています。
担当医から止められないようでしたら、鍼灸治療は補完治療としてお勧めします。

整骨院のご案内:

うつ病の施術なら渋谷α鍼灸整骨院

渋谷α鍼灸整骨院はうつ病の施術実績が豊富な鍼灸整骨院です。うつ病に悩まされている方は是非、一度当院サイトをチェックしてみてください。