知っておきたい、腱鞘炎になりやすい人が経験している4つのエピソードとは?②/渋谷駅徒歩1分の好立地

お電話でのご予約
03-6427-7290

知っておきたい、腱鞘炎になりやすい人が経験している4つのエピソードとは?②

同じように手や指に負担がかかっていても、腱鞘炎になる人とならない人がいます。その差はいったい何か? 実は腱鞘炎になりやすい人には、4つのエピソードのいずれかを経験しているはずです。今回は筋膜の「過用」「損傷」「内臓不調」についてお伝えしていきます。

腱鞘炎になりやすい人の特徴とは?

同じ負荷がかかっていても、腱鞘炎になる人とならない人がいます。

その差はいったい何か?

その答えは筋膜の歪みにあります。

今回も前回に引き続き、腱鞘炎になりやすい人、再発しやすい人の特徴を、筋膜の歪みという観点からお伝えしていきます。


筋膜の歪みは、主に次の4つのエピソードによって引き起こされます。それは、

①不動
②過用
③損傷
④内臓不調
になります。

ですので過去にこれらに当てはまるエピソードがあった人は、例え今まで腱鞘炎になった事がなくても特に腱鞘炎を引き起こしやすいので、要注意です。

今回は②〜④のエピソードについて説明していきたいと思います。

②過用

これはスポーツをやられている方に多く見られますが、そうでない方も日常や仕事上で繰り返し行う動きや負担のかかる動きがあると、過用となる可能性があります。

過用とはそのままですが、使い過ぎを指します。
これは腱鞘炎の起こりやすいとされている親指の腱の使いすぎという事を指している訳ではありません。

ここでは特に肩甲骨周りや肩、肘などの使いすぎによって、上肢の筋膜に歪みが生じる事で、それが末端部まで広がる事があるという事です。
そして末端部の筋膜の歪みが腱鞘炎の痛みを引き起こしてしまいます。

ですので過去に上肢や肩甲骨周りを使い過ぎたり、反復的な負荷がかかったエピソードがある方は、腱鞘炎に要注意です。

(専門的にはヒアルロン酸の凝集が起こります。詳しくはコラム「筋膜の歪みによって起こる腱鞘炎、でも筋膜の歪みって何?知識の有無で症状改善にも差が出ます①,②」でも説明していますのて、ぜひそちらもご覧下さい。)

③損傷

これは何らかの原因によって筋膜の損傷が起こる事で、歪みが生じるという事を指します。

例えば過去に肩や肘などの手術を受けられた事がある方は、その部分の筋膜を切開しているため、筋膜が損傷し歪みが生じている可能性があります。
(特に術後の回復過程において筋膜の線維層が正しく配列されないと歪みにつながってしまいます。)

その他には繰り返し同じ部位に衝撃を受け続ける事によって、筋膜が損傷する事もあります。

例えば野球やソフトボールのキャッチャーでは、常に母指球の部分に衝撃を受けています。その度重なる母指球への衝撃が、その付近の筋膜の損傷を引き起こしてしまう可能性もあるという事です。


度重なる衝撃を受けた事がある方は珍しいかもしれませんが、骨折などで手術を受けられた方は意外といらっしゃるかと思います。
ですので、過去にそのような事があったという方も、腱鞘炎になりやすいと言えます。

④内臓不調

これはこれまでのエピソードと比べると少し特殊かもしれません。

なぜ内臓の不調と腱鞘炎のなりやすさが関係するのか?

それは内臓を包む筋膜と体表の筋肉を包む筋膜は連結している、という事が影響しています。

以前のコラムでもお伝えした事にはなりますが、内臓の不調が起こると内臓を包む筋膜に歪みが起こります。

すると内臓筋膜から体表の筋膜に歪みが移り(代償されて)、特に体幹部の筋膜に歪みが起こります。

あとはこれまでと同じように、体幹部の歪みが末端部に伝わる、と言うのが内臓の不調と腱鞘炎の関連です。

特に呼吸器系(喘息や気管支炎など)、循環器系(血圧異常、頻脈など)と言った内臓の不調が、腱鞘炎のなりやすさに繋がる事があります。

腱鞘炎が再発しやすい人とは?

これまでは腱鞘炎になりやすい人についての特徴をお伝えしてきましたが、これは再発しやすい人にもそのまま当てはまる事です。

再発するという事は、これらの原因や過去のエピソードを把握せずに、一般的な局所の治療だけ行った、という事を示します。
たしかに局所治療でその場では痛みが軽減するかもしれないけれども、このような経験と筋膜の歪みを無視していると、すぐに再発してしまうという事です。

腱鞘炎の真の原因は筋膜の歪みにあり、筋膜の歪みを引き起こすエピソードにはこれまでに出てきた通りです。


なぜ腱鞘炎になりやすい人とならない人がいるのか?


それは筋膜が歪むエピソードを経験したかどうかに影響されます。

筋膜の「不動」「過用」「損傷」「内臓不調」と言ったエピソードを経験された方は、腱鞘炎が発症する前にぜひ一度筋膜調整を受けてみて下さい。