起立性調節障害とは???/渋谷区の鍼灸院といえば渋谷α鍼灸整骨院

渋谷α鍼灸整骨院の電話番号

起立性調節障害とは???

自律神経による循環調節が障害され日常生活が長期にわたって著しく損なわれた状態を起立性調節障害と言います。

どの様な症状があるのか!

立ちくらみ、失神、朝起きられない、倦怠感、動悸、頭痛などの症状を伴います。この疾患は自律神経系疾患なので身体的要素以外に精神的、環境的要素も関わって起こるとも言われております。身体的要因のひとつとして、自律神経系の乱れによることも原因とあげられております。
起立性調節障害の症状は健常な子どもでも自覚することがしばしばあります。すべてを疾患として扱う必要性はないです!!しかし生活に支障をきたしているのであれば起立性調節障害と疑い、病院での診察を受ける必要性があると思います。
起立性調節障害の典型的な症状が「立ちくらみ」「疲れやすい」「長時間立っていられない」などです。また朝起きられないことから、学校に行けなくなる割合も多くなってきます。起立性調節障害の子ども3分の2が症状に悩まされて学校に行けなくなるのです。学校に行けなくなる子どもの約半数が起立性調節障害を合併してるというデータもあります。

好発年齢

小学校高学年〜中学生に多くみられますが、この時期は第二次性徴期とも重なり、身体のさまざまな機能が大人へと変化していく時期です。この変化が自律神経系にも影響があり循環調節がうまくいかなくなることもあります。また気を遣う子が起立性調節障害になりやすいと言われております。これはストレスをため込みやすいという精神的、環境的要素に関連すると言われております。

起立性調節障害のチェック項目

チェックポイントが3つ以上あると疑いがあると言われております。
1立ちくらみやめまいがある。
2立ち上がった時に気分が悪くなり失神したりする。
3入浴時や嫌なことがあった場合に気分が悪くなる。
4動悸や息切れがある。
5朝がなかなか起きられず午前中は調子が悪い。
6顔色が青白い。
7食欲不振。
8腹痛がある。
9倦怠感がある。
10頭痛がある。
11乗り物酔いがある。

4タイプの症状

1起立直後性低血圧
→起立直後の血圧低下から回復に時間がかかるタイプ。
2体位性頻脈症候群
→血圧の回復に異常はないが、起立後心拍数の回復がなく上昇したままのタイプ。
3神経調節性失神
→起立中に急激な血圧低下によっていきなり失神するタイプ。
4遷延性起立性低血圧
起立を続けることにより徐々に血圧が低下して失神に至るタイプ

4つのタイプの中でも1,2が最も多いです。

改善への道

☆水分2リットル塩分10グラムを目安に摂る。
起立性調節障害の場合、循環している血液量が少ないため血液量を増やさなければなりません。なのでしっかりと水分と塩分を摂りましょう。
☆日中に身体を動かそう。
日中に寝転がってばかりいると自律神経が乱れ身体の調節がうまくいかなくなり症状がなかなか改善していきません。日中の自律神経は交感神経が高く、副交感神経が低くなることが理想的であるとされています。身体を動かさなくなると交感神経と副交感神経のバランスが崩れやすくなり起立性調節障害がなかなか改善しなくなってしまいます。
初めは家でできるストレッチや筋トレなどできるものからやっていき徐々に外に出て行くことを増やし身体を動かすと改善への近道となると思います。
☆生活リズム
生活リズムを整えることにより自律神経の働きが良くなり症状の改善になります。
☆周囲が理解すること
「怠けている」などの叱責による親子関係の悪化や遅刻・欠席による学業の遅れや友人からの孤立。こうしたストレスが自律神経を乱れさせ症状の悪化になるので周りがしっかりと理解し、起立性調節障害を分かることが症状の改善になります。

最後に

起立性調節障害は治療をしてもすぐに治る病気でもなく、回復に数年かかることもあります。保護者にとっては進学とも重なったりし不安との闘いだと思いますが、起立性調節障害を理解しわかることが改善の近道だと思いますので協力し、治療を行って下さい。

鍼灸院のご案内:

起立性調節障害の施術なら渋谷α鍼灸整骨院

渋谷α鍼灸整骨院は起立性調節障害の施術実績が豊富な鍼灸院です。起立性調節障害に悩まされている方は是非、一度当院サイトをチェックしてみてください。