パニック障害を克服するための第一歩は細胞マネジメントから⁉︎ 2/渋谷区の鍼灸院といえば渋谷α鍼灸整骨院

お電話でのご予約
03-6427-7290

パニック障害を克服するための第一歩は細胞マネジメントから⁉︎ 2

パニック障害を克服するには鍼灸治療による自律神経の調整が有効ですが、より効果的に回復するために必要なのが「細胞マネジメント」と呼ばれるものです。 渋谷α鍼灸整骨院ではパニック障害に対する鍼灸治療を行なっています。自律神経が身体の不調を整える鍵になります。自律神経を整えてパニック障害を治療していきます。

パニック障害を克服するための第一歩は細胞マネジメントから⁉︎

前回に引き続き「パニック障害を克服するための第一歩は細胞マネジメントから⁉︎」を書いていきます。
前回では細胞を活性化させる事が鍵で、ミトコンドリアの重要な役割を説明しました。
細胞をマネジメントとは必要な栄養素を摂取しなければエネルギーを生産できなくなり全身の不調を招くためビタミン類やマグネシウム、マンガン、鉄などが大切です。
医食同源とあるように食べ物から身体は作られて治されるため摂取するものを意識的に身体に良いものに変えていくことが大事です。毎日の食生活から能動的に摂取することで疾患を治していきましょう。

細胞から考えるパニック障害

パニック障害は自律神経のバランスが崩れる事で起こります。特に交感神経が強くなり過ぎてしまうと、アドレナリンが大量分泌され体内での濃度が高まり過ぎてしまいます。
そうすると脳内の不安をつかさどる部位を刺激し続けてしまい、パニック症状が現れやすくなってしまいます。

しかし原因はそれだけではないんです。

細胞に機能不全が起こるとエネルギー生産が低下する事はお伝えした通りですが、それが脳の細胞に起こると脳機能が低下し、パニック症状を始め様々な精神症状が起こります。

ですので、パニック障害を克服するには、まずミトコンドリアのエネルギー生産を促し、脳の細胞を活性化させる「細胞マネジメント」が必要となってきます。

パニック障害克服の第一歩

さて、パニック障害を克服する第一歩として、細胞とミトコンドリアを活性化する「細胞マネジメント」が必要だと言う事はお伝えしました。

では具体的にどんな事をすればいいのか?
それをこれからお伝えします。

細かい部分まで突き詰めると、色々な事が必要になりますが、まずはクエン酸回路を回すために必要な栄養素である「ビタミンB群」「マグネシウム」「マンガン」「鉄」を摂取する事が挙げられます。
これらの栄養素をしっかり摂取して、クエン酸回路がスムーズに回る事で、ミトコンドリアで効率よくエネルギー生産を行う事が出来るようになります。
そして脳細胞が活性化すると、パニック症状を始めとする様々な精神症状が改善していきます。

ではこれらの栄養素を単独で取ればいいかと言うと、実はそれでは効果が出づらいです。
というのもこれらの栄養素は吸収されて運搬されまでにも他の栄養素を必要とするからです。
ですので、その他の栄養素を含む、マルチビタミン・マルチミネラルのサプリメントがオススメです。

もちろんビタミンB群、マグネシウム、マンガン、鉄などを多く含む食材を摂る事が基本になります。
しかしこれらの食材ばかりに偏ると、栄養素も偏ります。
ですのでこれらの栄養素を多く含む食材を意識しながらも、バランスよく摂取する事、そして足りなければマルチビタミン・マルチミネラルのサプリメントで補充する事が「細胞マネジメント」に何より大事です。

ちなみにパンや麺類、砂糖など精製された炭水化物、またアルコールなどは、その代謝過程で多くのビタミンB群やマグネシウムを消費してしまいます。
いくら栄養素を意識して取り入れても、違う部分でそれを消費してしまったら、元も子もありません。
そう言った事も合わせて行うと、かなり効果的です。

食事も治療です

東洋医学は医食同源や治未病など素晴らしい考えがあります。食物から治療を考えることや病気になる前に治す!など確かにと納得できる理論ばかりです。
伝統医療の強みは未だ科学で証明されてはいないけれども、長年効果があったため伝わってきた治療法です。
分析して局所だけを診るのではなく症状を診て全体のバランスを治療するというのも現代医療との違う点です。
原因が定かではない疾患は長期的に支持されてきた東洋医学に任せて下さい。