疲れやすいのは体質が原因だった!その2/渋谷区の鍼灸院といえば渋谷α鍼灸整骨院

お電話でのご予約
03-6427-7290

疲れやすいのは体質が原因だった!その2

慢性的に疲労を感じながら日々の生活を送っていませんか。集中力低下、日中の眠気、記憶力低下など仕事や家事で様々な支障がでてくる疲れ。 たっぷり睡眠や疲れにくい日々にしたくても環境が難しいため諦めてる人が多いと思います。 疲れは休息以外にも回復しやすい体質によって改善ができます。 回復しやすい体質はまず自分の原因を理解した上で、対策が出来ますがので、原因から改善までを書いてみます。

疲れが取れやすい体質!

自律神経は人が生きていくためや外部から内部を整えるように働いてくれるため日々の生活習慣が関係します。

・規則正しく生活習慣には十分な睡眠を取って朝日を身体で浴びてからゆっくりと動き出すように一日をスタートしましょう。
・なるべく朝食は軽めにしてお昼と夜はしっかりと食べましょう。就寝中にホルモンが出るため消化による内臓の方が働き過ぎてしまうのは良くないので、就寝の2~3時間前には食
事を終えましょう。

・寝る前に興奮した身体をリラックスさせるためにもなるべくスマホやPC作業といった目に刺激が強いことは避けましょう。

・適度な有酸素運動も必要です。週に3回ほど30~40分ほどの有酸素運動を行ないましょう。ヨガなども有効的です。
ストレスをコントロール
これは難しいのですが、人間関係による精神的ストレスが精神疾患に多い原因です。ストレス源を解消出来ることが一番望ましいです。
改善が難しい環境であれば、なるべくストレス源となる人や場所からは避けるようにしましょう。

自律神経を整える専門院もあります

昔からの伝統療法では、体内の自然治癒力を高めるように治療を行なうため元々持っている自律神経の働きを強めてくれます。
鍼灸、ヨガ、気功法など東洋医学は自律神経に効果的な治療法です。
お薬に頼りたくない、薬の副作用が怖い人には東洋医学のような伝統療法がお勧めです。
鍼灸治療は体内をツボという経絡経穴を使ってバランスを整える治療方法です。今では全然痛みが少なく心地良い刺激で治療を行なってくれるため安心して受けられると思います。
ヨガのような呼吸法は自律神経と関係が深いです。呼吸の早い遅いでも自律神経を調整できます。なるべくゆっくりと行なう事で、体内がリラックスできる状態になっていきます。
気功法もゆっくりと行なうことはヨガと同じくリラックス神経がよく働いてくれる状態にしてくれます。
人から支持されてきている伝統療法は経験から導き出されている効率が良い治療法だと言えます。
昔から行なわれてきて一番体内が変わる方法として伝わってきているのは長期的証拠による信用が高いと言えます。
西洋医学は手術やお薬など絶大な治療方法がありますが、生活習慣や体内の未だ解明できていない分野では伝統医療のほうが効果的な場合もあります。
西洋医学、東洋医学、様々な治療法など自分に合った自律神経調整法が一番だと思いますので、色々受けてみるのが良いですね。

疲れを主訴とした病気

慢性疲労症候群
身体的または精神的に慢性に疲労を感じ続けるのが特徴です。原因不明でとにかく激しい疲労が押し続けます。
未だ日本では知名度も低く有効な治療法もない症候群です。
症状は、微熱や頭痛、疲労感、筋肉痛、睡眠障害、気分障害です。
原因不明で色々な検査を行なっても分からない時に疑われます。

うつ病
うつ病には疲労感や全身の倦怠感も現われます。身体を動かしたくても動かせないほどに重く感じたり、極度の疲れのように動く気力が起きません。
年々増加傾向で現代社会では決して珍しい病気ではありません。原因は解明されてはいませんが、脳の伝達物質異常だと言われています。
進行していき根が深い病気のため、なるべく早く医療機関で治療を受けましょう。


自律神経失調症
一番の原因はストレスだと言われています。疲労感や倦怠感など全身に症状が現われますが、全身をコントロールしている自律神経は乱れると症状は様々です。
人によって変わり時に変動するため不定愁訴とも言います。
生活習慣や人間関係などあらゆる場面でストレスを感じるため治すには今の生活習慣を見直す必要があります。

まとめ

病気による疲労は治療を受ける必要があります。これは自分では改善できない神経系や内分泌系などの異常によるものです。
疲労を改善するには、自分自身の症状をよく調べる必要があります。
まず生活習慣の見直しと睡眠状況が疲労改善には必要です。自分では分からなければ治療院など専門的に治してくれる場所に通うのが良いです。