なかなか治らない自律神経失調症、頑固な首コリから来てるかも知れません!

渋谷α鍼灸整骨院のロゴ
渋谷α鍼灸整骨院の電話番号

なかなか治らない自律神経失調症、頑固な首コリから来てるかも知れません!

頭痛やめまい、浮腫や冷え、気分の落ち込みや不眠など様々な症状を引き起こす自律神経失調症。病院でもなかなか原因が分からないそれらの症状、もしかしたら頑固な首コリから来ているかもしれません。

【多くの人が抱える不調】

自律神経失調症は現代で最も多くの方が抱えている重大な問題です。
自律神経失調症と言っても、その症状は多岐に渡り、様々な症状が現れてきます。
軽度の肩こりの方もいれば、頭痛やめまい、耳鳴りなどの脳神経外科領域、動悸や高血圧、浮腫や冷えなどの循環器領域、胃痛や下痢便秘などの消化器領域、うつや不安感、やる気の低下や不眠など心療内科領域などが含まれています。

おそらく多くの方が不調や異変を感じた時に、これらの専門医を受診すると思います。そこではっきりとした原因が無いと、異常はない、あるいはストレスのせいでしょうと言われるかと思います。

このように各種検査や診察では出てこない、機能的な不調がとても多く見られます。そしてその多くに自律神経失調状態(特に交感神経が緊張している状態)が見られます。

精神的ストレス、過度の疲労や睡眠不足、体を動かす機会がない事、同じ姿勢で過ごす事が多い事、食生活(栄養の偏りや有害物の摂取など)など色々な原因が少しずつ時間をかけて身体に蓄積していく事で、徐々に自律神経の機能は低下していきます。

ですので、これらの多くの症状を改善して行くには、自律神経の正常な機能を取り戻す治療を行う事と、自律神経の機能を低下させる様々な原因の蓄積を減らしていく事が必要になります。

【自律神経失調症の治療はどんなものがある?】

自律神経失調症と言っても様々な原因があると言う事をお伝えしました。
そしてその診方も色々とあります。

例えばホルモンバランスの崩れから見ていく場合、その不足しているホルモンを補充する治療と言うのがあります。

東洋医学から見ていく場合、その症状を引き起こしている体質というものを診断し、その体質を改善していくような治療を行います。

そして今日は色々な診方のうち、筋肉の異常な緊張とトリガーポイントから起こる自律神経失調症状についてご紹介していきたいと思います。

【筋肉の緊張とトリガーポイント】

様々な原因やストレスが身体に蓄積すると、筋肉は緊張して硬くなっていきます。
そして筋肉が緊張し続けると、その中にトリガーポイントという凝りが形成されていきます。
この凝りは発痛点となり様々な痛みや痺れを引き起こすだけでなく、交感神経の緊張を引き起こす特徴があります。
そして交感神経緊張状態が続くと、さらに筋肉は緊張しトリガーポイントがまた形成され、ますます交感神経緊張状態が強くなると言う悪循環に陥ってしまいます。

このトリガーポイントを緩めていき、交感神経の緊張を和らげていく効果が高いのが鍼治療になります。
触診や運動検査などで特に緊張の強い筋肉を判断し、その筋肉に形成されてあるトリガーポイントに対して鍼をしていくと、そのギューっと緊張し硬くなったトリガーポイントが和らいでいきます。

【自律神経失調症に関連の強い筋肉とは?】

では特にどの筋肉のトリガーポイントが、交感神経緊張状態を引き起こしやすいかご紹介していきます。

最も原因として強く見られるのは、後頭骨という頭の後ろ側に付着すら筋肉です。
具体的には頭半棘筋(とうはんきょっきん)、頭板状筋(とうばんじょうきん)、僧帽筋(そうぼうきん)、多裂筋(たれつきん)と言った筋肉になります。

特に頭半棘筋や多裂筋は背骨にへばりついている最深層の筋肉であるため、自律神経への影響も大きく、それでいてマッサージでは届きづらい部分であります。
そのため、なかなか緩める機会がない筋肉であり、気付かないうちに重症化してしまう厄介な筋肉です。

こう言った筋肉に存在しているトリガーポイントを緩めると、筋肉が緩むのはもちろん、交感神経の緊張が落ち着いてきます。
更には神経反射が起こり、低下していた副交感神経も活性化してきます。
そしてバランスを崩していた自律神経の機能が徐々に正常に近づいてくる結果、様々な症状が軽減していきます。

自律神経失調症の症状でお困りの方は、ぜひ一度、頚の状態を診てもらうのもいいかもしれません。

治療院のご案内:

自律神経失調症の治療なら渋谷α鍼灸整骨院

渋谷α鍼灸整骨院は自律神経失調症の治療実績が豊富な鍼灸治療院です。自律神経失調症に悩まされている方は是非、一度当院サイトをチェックしてみてください。